内視鏡検査

内視鏡検査のご案内

当院では内視鏡検査を駆使した、消化器がん(胃がんや大腸がんなど)の早期発見に力を入れております。少しでも気になる症状がある方は、内視鏡検査をお受けになることをお勧めします。

上部消化管内視鏡検査

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)とはファイバースコープを口または鼻から入れ、食道・胃・十二指腸の粘膜を直接観察する検査です。胃透視検査(バリウム検査)と違い、病変を直接観察するため詳細な診断が可能です。

こんな方にお勧めします

  • みぞおちの痛みや胃もたれがある
  • 胃酸の逆流、胸やけがある
  • 食欲不振や体重が減少した
  • 検診で異常を指摘された など

苦痛が少ない経鼻内視鏡検査(鼻から入れる胃カメラ)

胃カメラで苦しい思いをされた経験はありませんか?
それは、ファイバースコープが喉を通過する際に反射が起きるためです。

当院では、細いファイバースコープを鼻から入れる胃カメラ「経鼻内視鏡検査」を導入しております。検査中は会話ができるため、少ない負担で検査を受けることが可能です。口からの胃カメラが苦手な方は是非ご相談ください。

下部消化管内視鏡検査

下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)とは大腸検査専用のファイバースコープを肛門から入れて、約1.5メートルある長い大腸内部を直接観察する検査です。従来の透視検査(バリウム)では確認できなかった病変も発見することが可能です。

こんな方にお勧めします

  • 便潜血反応検査で陽性が出た
  • 血便や肛門から出血がある
  • 腹が張る、腹痛がある
  • 便通に異常がある
  • 血縁に大腸がんの方がいる など